お問い合わせメールフォームはこちら
お問い合わせ・ご相談のメールやお電話を頂いてからの一般的な流れです

■ コンタクトその後 ■

 

設計業務 初回訪問
(出会い)
話し合い
お気軽にお越しください。
どのような家にしたいのか。どのように暮らしたいのか。様々な思いを持ってお越しください。
設計契約 業務開始です。
調査 敷地の状況や法令上の制限などを調べます。
設計打ち合わせ 基本設計では、出会いからずっと頭の中にあったイメージをまとめ、形にしていきます。
実施設計では、基本設計により出来上がったプランを基に、デザインや技術の面から検討し、細部の検討を行います。
工事監理業務 見積り 一括発注にするか、分離発注でいこうか・・・。工事の発注方法を決めます。
実施設計で 出来上がった設計図書により工事費用の見積りを施行業者に依頼します。
施工業者から出てきた見積書の査定及価格び交渉をします。
入札 金額のみで施工業者を決定する場合と、他の要素を加味して施工業者を決める場合があり、あらかじめ決めておきます。
建設会社選定 価格・技術・工事期間・施工事例など、その他の要素を加味して工事を依頼する建設会社を選定します。(工事金額のみで決める場合は多くはありませんが、重要な要素です。)
工事契約 工事請負契約。選定した工事施行業者と契約をします。
地鎮祭 建設工事の事前に行なわれる儀式。
地主神を鎮めるとともに,工事の無事を祈リます。
基礎工事 施工者への設計意図の伝達や施行図書の検討、承認を行う。
作業工程と共に工事監理をし、不具合がおきていないかチェックしていきます。
建方
中間検査 建築基準法や公庫基準による中間検査です。
造作工事
仕上工事 様々な職人さんが現場に出入りするため、職種間の取り合いなどが設計の意図通りに出来ているか確認します。
外構工事
完成検査 建築基準法や公庫基準による完了検査です。
竣工検査 残工事は無いか。設備に不具合は無いか。細かく確認していきます。
引渡し いよいよ入居です。
アフターケア

お問い合わせメールフォームはこちら